日本初ガス灯
 安政6年(1859)に開港場となって以来,横浜は西洋文化の玄関口となりました。馬車道を起点にして全国に拡がったものも数多くあります。
 ガス灯は, 明治5年(1872)に, 高島嘉右衛門の「日本ガス社中」により, 馬車道・本町通り等に設置, 点灯され,これが日本における最初のガス灯となりました。柱部は英国グラスゴー市から輸入し,灯具は日本人職人により製造されたと言われます。
(以下略)
日本初ガス灯
横浜の馬車道通りにある約60基のガス灯は、
電気ではなく、実際にガスを使っているそうです。

当初のガス灯の点灯や消灯は、それを専門に担当する点灯夫と呼ばれる人が担当していました。
半被を着て、長い竿を使ってガス灯に火を灯して回り、煤でガラスが曇って照度が下がるため週に一度はガス灯磨きをしていたそうです。

ちなみに東京の京橋で最初にガス灯が灯されたのは、馬車道のガス灯が設置された2年後の明治7年(1874年)だったそうです。


【馬車道のガス灯】
神奈川県横浜市中区住吉町4丁目